FC2ブログ

RKO BE YOGA   

yoga therapy kobe

まずは 教室のご紹介  

         
      神戸 東灘区でヨーガの教室をひらいています

こころからだ自分で回復させるヨーガです     

   ♪♪♪~住吉教室 12月と1月のレッスン日をアップしてます~♪♪♪

     

     ★住吉教室 毎土曜日 午後~
         東灘区民センター(JR住吉駅徒歩2分)
          詳しくは こちら    
      ※ 少人数制の為、ご予約をお願い致します。

  
     ★六甲アイランド教室 毎水,木曜日 午後~
         六甲アイランドイーストコート         
         詳しくは  こちら
       ※ こちらの教室は只今お休みしております。


    ★有効期限の切れたチケットについては
     こちら をご覧ください。

   ★そして体験レッスンについては こちら ★  へ!

スポンサーサイト

category: まずは教室のご紹介

tb: --   cm: --

続けて良かった  

金曜日はロイヤルコミュニケーション倶楽部という
会員制のクラブでヨーガを行っています。
かれこれ何年?4~5年くらいでしょうか。

シニア世代の方々がいろいろなカルチャーをここでされています。
手芸系だったり、流行りの俳句、ダンス、歴史のお勉強、麻雀・・・etc.
と、いつもここでは楽しい会話が絶えません。

今日は嬉しいご報告がありました。

1度退会された方が『ヨガがしたい』と
約2年ぶりに再入会されたのです。

その方のことはちょっと気がかりなことがあったので
時々思い出してはどうされているのだろう~と思いを巡らせていました。

その方は家庭菜園をされていて「ふき」を頂いたことがありました。
お陰で私は初めて「ふき」を一からお料理する機会を得たのでした!

その方に関するいろいろなことを思い出し
再会をとても楽しみしながら
この仕事をして良かったなーとつくづく思う私がいるのでした。

続けて良かった。。。

感謝  合掌


category: 日記

tb: --   cm: --

映画 QUEEN  

中学3年生の時だったと思います。
QUEENというバンドを知ったのは。
私はそれ以来フレデイ・マーキュリーを愛し続けております。

高校時代に一緒にクイーンのコンサートにいった友から
『ボヘミアン・ラプソディ観に行ったよ!
 号泣したから観て。』 というメールがきました。

先週に引き続きまたまた映画を観に行くことになりました。

クイーンやフレディについて語ることはしませんが
ブライアンやジョンの役者さんが
『もしかしてホンモノとか…?』と思うくらい似ていて面白かったです。

そして改めて聴くとブライアン・メイのギターの素晴らしいこと!!

暫くはQUEEN漬けになりそうです。



好きな曲のひとつです 

queen

It's so easy, but I can't do it
It's so risky, but I gotta chance it
So funny, there's nothing to laugh about
My money, that's all you wanna talk about
I can see what you want me to be
But I'm no fool
It's in the lap of the gods
I can see what you want me to be
I'm no fool
There is no begining, there is no ending
There is no meaning in my pretended
Believe me, Life goes on and, on and on
Forgive me, when I ask you where do I belong
You say I can never set you free
But that's not true

It's in the lap of the gods
It's in the lap of the gods
It's in the lap of the gods
Everybody

category: 日記

tb: --   cm: --

あたまのなか―思い  



『あたまのなか』というカテゴリを追加しました。
頭の中でぐるぐる回っていることを記録しておこう
と思って作りましたが、カテゴリ名はこの先変わるかもしれません(^^;)

さて記念すべき(?)1回目の頭の中の種は『思い』です。

この『思い』はヨーガの勉強を始めてからずっと
私のあたま(心)の中に居座っています。
それは『何かに対する思い』というものではなく
『思いとは?!』とインド哲学ならではの事柄です。
(このブログでも何度か書いていると思います。)

スワミ・シバナンダとはまた違った優しい言葉でヨーガを説いてくださる
スワミ・チダーナンダの本の中にも『思い』について書かれています。

意識的な思いは何度も心の中で繰り返され深く刻まれます。
その思いは行為という形で現れるようになります。
そしてその行為は思いにも作用するのです。
(↑ここはシバナンダジには無かったような~)
行為によってまた思いは強く深くこころに刻まれるのです。

例えば苦手な人がいたとします。
その人の言葉や行為を思い出す度に憂鬱な気持ちや
怒り、不安などの否定的な感情が沸いてきます。
考えたくないと思っているのに無意識に考えてしまうー
こころとはそういう性質を持っているのです。
そうして繰り返しその人に対する負の感情が繰り返されると
ある時その人に対して良くない言葉や態度をとってしまうのです。
あたかも思いが行為によって肯定されたような
そんな間違った錯覚を起こし思いは増すばかり・・・となります。

そして一度なされた行為は再び繰り返されるという傾向があるそうです。
繰り返される行為は習慣となり
習慣は性格(人格)となり、人格は運命をも形作りますーと。

こわい。。。。。。

なので
やっぱり毎日修行だなーと私は思っているわけです。






category: あたまのなか

tb: --   cm: --

ガンジスに還る  

インド哲学の勉強会を通じての『知り合い』がいます。
私はなんでもひとりで参加しますが
その場で人と親しくなることはあまりありません。
その『知り合い』の方はニケタンにも所属していて
時々お会いすることがあり、会うとお互いにっこり笑ってご挨拶します。

先日その方からある用件でメールがきたのですが
要件の他に「先日映画を観てきました。」というお話があり
私はその映画が急に見たくなって午後の空いた時間に行くことにしました。

その映画はあいにく神戸では上映されておらず
ほとんど行くことが無い大都会オオサカの映画館へ。。。
神戸に籠りっきりの私には大冒険です。

阪急梅田駅近くの茶屋町
2,3度は行ったかもしれない梅田ロフトの地下にある
とてもこじんまりとした雰囲気の良い映画館です。
迷ったらいかん―と早めに出たので、着くと上映40分前でした。
チケットを買ってぶらぶらしよう~と思っていましたが
茶屋町は超若者の街で私のようなおばはんで田舎者は
落ち着いて『ぶらぶら』出来るはずもなく、入れるようなお店も無く
神戸にはない規模の立派なジュンク堂で時間を潰しました。

上映5分前に戻ると予想を超えた数の待ち人がいて驚きました。
『ガンジスに還る』
この日観た映画の題名です。

成瀬雅春先生が本の中のコラムで
『自分ががんになったら病院で死を待つのではなく
 インドの聖地巡礼にでるかチベットで五体投地をしながら
 カイラス山へ行こうと思っている。』と仰っています。
輪廻思想が根強いインドではベナレス(バラナシ)で死ぬと
解脱できて輪廻から免れるといわれていて
実際ベナレスの川岸には安らかに死を迎えようとする幸福そうな人々がいるそうです。
そして先生はこうも仰っています。
―日本では同じ病気でも病院で苦しみながら死を迎える人がいる。
 『生』に対する執着が強い日本人には精神の貧しさが感じられる―

死を迎えようとしている人
その息子、息子のお嫁さん、孫娘、解脱の家に住む人たち・・・
映画は『生』と『死』…『生き方』と『死に方』…思想
いろんな人間の視点を想像させてくれます。
インドのある家族のひとつの物語。
その物語は淡々と進められ、
終わった後、なにかがこころの中にぽとん落ちた―
そんな映画でした。







category: 日記

tb: --   cm: --

ヨーガ療法士的思考を思い出す  



落ち葉が綺麗だな~と思って撮ったのですが―

あれ?

カメラの才能ゼロですね。。。


少し前になりますが久しぶりに統合医療学会のシンポジウムに出席しました。

今回のテーマが
『認知症の統合医療的アプローチ~そのケアと予防』 でした。
高齢者と接する機会が多くなった私には(年齢的に我が身にも)
かなり収穫のある濃い内容のものでした。
そしてお話された先生方も素晴らしい方々で
今回出席できたのは本当にラッキーでした。

京都大学の木下彩栄先生は「認知の予防とケアにおける運動療法」
ということで、自発的運動は強制運動よりも
脳の神経新生を促しアルツハイマーを予防するというお話がありました。

くどうちあき脳神経外科クリニック院長のお話では
瞑想をしているときの脳の血流量がすこぶる良いーということでした。

・・・ということは

自身の呼吸や体の細かいところまで集中して観察しながら
からだを適度に動かすヨーガというものは
認知症予防にすごくいいのではないかッ?!

と、久しぶりに思考がヨーガ療法士的になりました。

こういった脳の刺激は必要だな~と思います。

そしてケアの面でお話くださった東京医療センターの本田美和子先生。
実は今回1番心に残ったお話でした。
それはフランスのケアの技法『ユマニチュード』のお話でした。
思いが相手に伝わらない介護は辛いものです。
本田先生の取り組みが介護の現場で広がることを願います。


category: 日記

tb: --   cm: --

ヨーガを語らない  

現在私は3つの教室を持っていますが
呼吸法や瞑想をする時に
ヨーガについて、それはそれは熱く語ってしまう時があります。

これがヨーガなんですッ!!みたいな。。。
その後、ちょっと反省するのですけど(^^;)

そんな私ですが、自分の周りの人には語りません。
聞かれないと答えませんし、答えても簡潔すぎるくらい短い。
相手が本当に興味をもって聞いてこない限り
話さないようにしています。

あと 『ジムでヨガをしてますが、ヨガって良いですね~。』
という方にも 『そうなんですね~。』 と答えるくらいにしてます。

その方に、ジーヴァアートマンとパラアートマンの合一って…
なんて話に乗ってもらえるとは思えないし。。。

実際当の本人、私もただただ耳に入れているだけの知識で
なんの理解も出来ておりません。
それでも私は毎日毎日ヨーガのことを考えていて
毎日をヨーガ的に暮らすように努力しています。

なので、教室で時々熱くなるのは。。。ご勘弁を!

今月から教室のお部屋の関係で椅子ヨーガを行います。
この機会に呼吸法と瞑想をしっかりしてみようと思います。

ご参加お待ちしております~。



category: ヨーガのこと

tb: --   cm: --